お問い合わせはお気軽に 電話:0745-46-2500

〒636-0913
奈良県生駒郡平群町北信貴ケ丘1-524-1

診療時間 月曜日から金曜日の午前の部は9:30~13:00、午後の部は、月曜日、火曜日、金曜日が15:30~18:30、水曜日、土曜日が14:30~17:30、休診日は木曜日午後と日曜日、祝日

生駒郡平群町の歯科 口腔外科 口腔内科 インプラント 審美歯科 小向井歯科クリニック

口腔外科治療

初診の診療予約はこちら DOCTOR 院長 小向井 英記
アンチエイジングプロジェクト

歯科口腔外科

口腔外科とは、口の中だけでなく、顎や顔全体の不調・疾患を取り扱う診療です。
具体的には、歯の治療や親知らずの抜歯をはじめとして、スポーツや事故による外傷、顎変形症、口腔粘膜の疾患など様々な治療を行います。

親知らず

親知らずの抜歯や、良性腫瘍の治療、顎関節症などの、主に口の中や顎での外科的な処置が必要な治療を行う科が「口腔外科」です。
ケースとして多いのが、親知らずの抜歯になります。親知らずの抜歯は必ずしも必要な処置ではありません。なかには一生親知らずを残したままの方もいます。
ではなぜ親知らずを抜歯する方が多いのでしょうか?
親知らずは一番奥にある、成人になってから生えるケースが多い奥歯です。現代人は昔に比べ、加工された食物を摂取し、硬い食物を食べる機会が減り、顎が小さくなってきています。そのため親知らずが生えるスペースが十分になく、一部しか生えなかったり、横に生えてしまうケースが生じてきます。その結果、隣の歯を圧迫して痛みが出たり、歯並びが悪くなってしまいます。
また、一番奥にあるために、歯磨きが十分いき届かず汚れがたまりやすく、虫歯になったり炎症を起こしたりしてしまいます。
これらの理由により、親知らずを抜歯する方が多いのです。歯科医師の立場から申しましても、今後生じうる障害を取り除くため親知らずは抜歯することをお勧めします。

Page Top